Top > デーもん類

デーもん類 の変更点


 生物図鑑には載らないデーもん類の数値的データについてのページ。 
 
 |650|c
 |RIGHT::: ''Contents''|
 |#contents|
 #hr
 
 *デーもん類 [#ec1c24f6]
 -魔法陣をつつくと発生する。
 魔法陣は、上下左右斜めの8マスを掘った状態の養分or魔分レベル3の土を掘ると出来る。
 -デーもんとグータレーデーもんは、いるだけで魔物の物理防御を上げる補助効果を持つ。
 効果は重複するが、限界もある(具体的には不明)。
 -魔分を2以上含む魔法陣を勇者が踏むと、勇者のMPを相殺出来る。削ることの出来る量は最大MPの5分の1。
 基本的には勇者が1回踏むと魔分を10消費してMPを削るが、魔法陣の魔分が2以上9以下の場合はあるだけ全てを消費して同じ量を相殺する。
 また、乗ったままなら一定時間ごとにMPを削り続けることが出来る。
 ただし、&color(Red){相殺した魔分は消滅してしまう};ので、魔分系の魔物を作る際は注意。
 -魔法陣からどのデーもんが発生するかは魔法陣の養・魔分量によって変わる。
 魔法陣にエレメントが隣接するとこれを吸い込むので、魔法陣の魔分量を上げることが出来る。
 また、養分を含んだエレメントを吸わせれば、魔法陣完成後でも養分量を上げることが可能(ただし減らすことは出来ない)。
 吸い込んだ魔分を取り戻すには、召喚したデーもんをドラゴンに食わせるかツルハシで突き殺してやるしかない。
 -移動方法はコケと同じだが、勇者や餌、他種のデーもん類を感知すると向かっていく。
 -捕食対象はエレメントとスケルトンだが、空腹に耐え切れないときはリリス&トカゲまで食べてしまう。
 満腹になると眠るが、補助効果は眠っていても働く。
 -違う種族同士のデーもん類が出会うと、勇者そっちのけで相手を倒すまで攻撃しあう。
 デーもん類が勇者や他のデーもん類に殺されると、持っている養分魔分が消滅する。間引き、餓死、食べられた場合は通常通り。
 |モンスター名|軍パワー|発生時の体力|体力上限|h
 |デーもん|240|350|480|
 |グータレーデーもん|740|520|720|
 |サたーん|650|480|600|
 |ハイサたーん|1900|800|1100|
 |じゃしん|1500|1000|?|
 |魔法陣(デーもん)|1|350|350|
 |魔法陣(グータレー)|1|350|350|
 |魔法陣(サたーん)|1|350|350|
 |魔法陣(ハイサたーん)|1|350|350|
 |魔法陣(じゃしん)|1|350|350|
 **&ref(デーもん.PNG);デーもん [#hdb41667]
 -養分がトカゲの土に必要な量以上で、かつ魔分10以下の魔法陣から発生する。ただし、じゃしんの条件と重なる場合(トカゲの土に必要な養分が少ない場合)はじゃしんが優先される。それが確認できる場所はチャレンジ9「ピノのたび」ぐらいしかないが……
 -攻撃力、耐久力ともに頼りないが補助効果は重要。また、序盤で生産しておくと軍ボーナスがかなりもらえる。
 -補助効果は小さく、1体につき物理防御力+2〜3ほど。
 **&ref(グータレーデーもん.PNG);グータレーデーもん [#h6f6661c]
 -養分がトカゲの土に必要な量以上で、かつ魔分11以上の魔法陣から発生する。
 -デーもんに比べ耐久力がかなり高く、攻撃力も序盤では使えるレベル。
 -デーもんより補助効果が高く、1体につき物理防御力+6〜7ほど。大した数値ではないように思えるが、後半で量産するとかなり役立つ。
 -軍ボーナスが高いため、ステージ1から量産出来るVSエディットでは大量の堀パワーを獲得出来る。
 **&ref(サたーん.PNG);サたーん [#s6cd466a]
 -養分がトカゲの土に必要な量未満で、かつ魔分29以下の魔法陣から発生する。ただし、じゃしんの条件と重なる場合はじゃしんが優先される。
 -デーもんとは違い物理防御力ではなく、魔法防御力を上げる補助効果を持っている……らしいが,実際には機能していない模様。
 **&ref(ハイサたーん.PNG);ハイサたーん [#b8692c2e]
 -養分がトカゲの土に必要な量未満で、かつ魔分30以上の魔法陣から発生する。
 -耐久力、魔法攻撃力ともに高く、HPも高いので魔法攻撃に弱い勇者とならば戦える。 
 -魔法防御力を大きく上昇させる補助効果を持って……いないみたい。
 -簡易発生法
 裏ストーリーで行なう。
 先ずはステージ1の3人を1本道で殺してやる。
 で、溜まった魔分からエレメントを発生させてループさせてやる(下図参照。「炎」はエレメントを表す)。
 すると★の部分が魔分レべ3の土になる(これで出来ない時は適度に掘ってやって下さい。要は慣れですから)ので、★を掘って魔法陣が完成→エレを吸い込んでハイサたーんの魔法陣が出来る。
 #aa{{
 1.             2.
 ■■■■■■■       ■■■■■■■
 ■■■■■■■       ■■炎炎炎■■
 ■■炎★炎■■       ■■炎★炎■■
 ■■炎■炎■■       ■■炎□炎■■
 □□炎□炎□□       □□炎□炎□□
 ■■炎■炎■■       ■■炎□炎■■
 ■■炎★炎■■       ■■炎★炎■■
 ■■■■■■■       ■■炎炎炎■■
 ■■■■■■■       ■■■■■■■
 }}
 -図鑑だけ埋めたいときはチャレンジ20「すなっくリリス」に魔分60の土があるのでそこから出せばよい。
 **&ref(じゃしん.PNG);じゃしん [#z55759c8]
 -養分8以下かつ魔分4以下の魔法陣から発生する。デーもんやサたーんの条件と重なる場合はこちらが優先される。
 -他のデーもん類とは違い、こいつには補助効果がないが、全魔物で最強の物理攻撃力を誇る。
 耐久力も高く、後半戦においても活躍出来る。
 -ただし発生させにくい上、捕食による体力回復量が極めて少なく、出すタイミングには注意が必要。
 **&ref(魔法陣(デーもん).PNG);魔法陣(デーもん) [#b8811862]
 **&ref(魔法陣(デーもん).PNG);魔法陣(デーもん) [#b8811862]
 -赤色の魔法陣で、最も発生させやすい。
 エレメントをある程度注いでやると魔方陣(グータレー)になる。
           
 **&ref(魔法陣(グータレー).PNG);魔方陣(グータレー) [#l4735efb]
 -灰色の魔法陣で、養分も魔分も高い状態。
 うっかりしていると勇者に踏まれ、デーもんの魔法陣に戻ってしまうので注意。
 **&ref(魔法陣(サたーん).PNG);魔方陣(サたーん) [#u6ffdc9c]
 -青紫の魔法陣で、魔分が高く、養分が低い状態。
 注ぎ込むエレメントに養分が含まれていると、グータレーの魔法陣に変化してしまうことがあるので注意すること。
 **&ref(魔法陣(ハイサたーん).PNG);魔方陣(ハイサたーん) [#j7c2e67d]
 -水色の魔法陣で、養分が低く、魔分が非常に高い状態。 
 養分も持っているエレメント(魔分の方が高いが養分も持っている土から発生)を吸収すると、養分も蓄えられ、やはり養分が一定値を超えるとグータレーデーもんの魔法陣になってしまう。
 **&ref(魔法陣(じゃしん).PNG);魔方陣(じゃしん) [#q70238cf]
 -桃色の魔法陣で、養分も魔分も少ない状態。
 サたーんの魔法陣を勇者に何度か踏ませてやる(最低2回)と出来る。 
 この時に魔法陣中の養分が多いと、サたーんの魔法陣のまま変化しない。
 また、エレメントを吸わせるとサたーんの魔法陣に戻ってしまうので注意。
 魔法陣が通路やその延長線上のど真ん中にあると作りやすい